春、そして花粉…|野田市の動物病院なら伊藤動物病院 野田分院へ

伊藤動物病院 野田分院

トリミング併設

ご予約・お問合せ

04-7127-4001

火~土 9:00~12:00 / 16:00~19:00
日・祝日 9:00~12:00 / 16:00~18:00
休診日:月曜日

スタッフブログ

春、そして花粉…

スタッフブログ 2017年03月03日

こんにちわ 看護師の前です。

まだまだ気温は低く昼夜の寒暖差が激しい日々が続いていますが、先日犬の散歩道で梅や早咲きの桜が咲いているのを見つけました。

もうそこまで春が近づいてきているんだなと感じ和みます。

 

そして春になると恐ろしい花粉の季節です。

テレビでも花粉症対策のCMをよく見かけるようになりました。

私は幸いにも花粉症を発症していませんが毎年この時期になると「今年も発症せずに乗り越えられるか」と心配になります…。

花粉症はアレルギーです。

そしてワンちゃんネコちゃんにも植物に対するアレルギーがあるんです!

 

ワンちゃんなどでアレルギーと聞くと食べ物が合わないのかな?と思う方もいるかと思います。

市販のフードでアレルゲン除去とか牛肉不使用とか書かれているものを見たことがあるならなおさらですね。

ですが、ごはん変えたわけでもないのに最近すごく体かゆがっている、そういえば毎年決まった時期に皮膚や耳が赤い気がするなんてことがあればもしかしたらそれは季節性のアレルギーによるものかもしれません。

植物ですと、ヨモギ、ブタクサ、タンポポ、牧草、シラカバ、ニホンスギなんかが環境アレルゲンとしてあります。

(ちなみにうちのJはシラカバにアレルギーがあり、そして家からちょっと行ったところにシラカバの木が植えられていました…。Jにとってはデスロードだったことでしょう。)

一概にこれはアレルギーによるものだ!と断言などできませんが、その可能性はあるかも程度に頭の片隅においておくといいかもしれませんね。

 

ワンちゃんネコちゃんのアレルギー症状は主に皮膚に出ます。すごく痒がります。

彼らは痒いのを我慢できません。

搔き壊して出血しても搔くのをやめないので症状を悪化させてしまう場合があります。

ひどくなる前に気付いてあげられたらいいですね。

 

アレルギーじゃなくても気温が上がってくると皮膚が弱い子は体や耳が痒くなったり、耳が垂れている子は耳の中がむれて外耳炎になりやすくなります。

ちょっと最近よく体掻いてるなーと心当たりがある方は一度受診してみることをおすすめします。

 

 

 

ページトップへ

獣医師さん・トリマー募集中!!

募集情報の詳細はこちら